モンキーターン! 競艇編
競艇・日々の出来事などを載せていきます。主に競艇ネタ?
競艇の魅力を知って頂こうと競艇入門記事も書き始めました。こちらもよろしく!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
若松 SGオーシャンカップ 準優戦
2006/07/30(日)
波乱含みの準優戦でした。
まずはレース回顧。

10R ここはガチ!な結果に。ジョーが逃げて西島が差す。1-2の本命決着に。何も言うことはない。

11R これが波乱。進入は5号艇倉谷と6号艇田村が動いて、4号艇太田も動きますが回りなおし。結局156/234の並び。スタートはダッシュ勢が好スタートから伸びて・・・あぁあぁぁっと・・・3号艇山本浩次が微妙なスタート!? 3号艇山本はフライング・・・。2号艇智也が捲くり、この際1Mで1号艇平石がターンマークに激突で転覆。このままトップ独走。しかし、2番手を走る太田も1周2Mでターンマークに激突。平石と同じ格好で転覆。その隙に2番手に浮上してきたのが田村。3着には倉谷になってます。
アクシデント3連荘のレースでした。
結局智也が勝った。本当すげぇ。でもフライングもでた準優戦の上、智也もゼロ台スタート。優勝戦はスタートは行かない?予感。

12R 松井が有言実行!? 気合の3コース捲くり差しを決め1着。優勝戦の枠は抽選なので、点数はジョーがトップでしょうが、松井が優勝戦1号艇。とり損ねた若松G1のリベンジです。2着は1号艇江口。



優勝戦メンバー

1号艇 王者
トップから抜かれて2着になった6月の若松G1のリベンジ。エンジンは好調らしんで、先マイあるのみ。

2号艇 ジョー兄貴
トップの足。捲くっても差しでもいける。準地元で見せ場を見せれるか。

3号艇 智也
初日のコメントからして優勝戦に乗るのがすごい。でも、もうスタートは行けなさそう。ここでまたゼロ台なら男。

4号艇 エロ
昨年度の覇者。動きを見せて、最近流行り?の必殺・前付け&回り直しがまたあるのか。

5号艇 ペリカンさん
鬼の西島さん。ジョーに続くトップクラスの足。進入の鍵を握る。

6号艇 田村
準優戦はラッキーだった。しかし、初SG優勝は2004年の若松OCなだけに、何か縁があるのか。



出走表を見てここはさすがに王者かなぁ~っという印象。
バリバリスタート行く選手がいるわけでもないし、ゼロ台連発決めてる智也はフライングのあった準優戦でゼロ台だしちゃったんで、控えめに行きそう。インになりそうな王者もスタートは悪くないんで、横が凹まないと捲くりの展開が厳しい。
1の頭から舟足が良いジョー・エロ・ペリカンさんのBOXで良いかも。

3連単:1-245-245 の6点。

明日は久々の場外だ!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。