モンキーターン! 競艇編
競艇・日々の出来事などを載せていきます。主に競艇ネタ?
競艇の魅力を知って頂こうと競艇入門記事も書き始めました。こちらもよろしく!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
勝者の栄光と敗者の哀涙
2006/01/30(月)
忙しさもあってほとんど見れなかった唐津G1新鋭王座決定戦。最終日だけは家でじっくり中継見ました(リプレイが見れないので舟券は買いに行かず^^;)。

その前にスポーツ新聞買ってどうなってんのか状況把握。
そしたら、中村有裕が二年連続の優出してるやないですか!?(゚∀゚) これはもう昨年のリベンジしかない!と思いましたが、もともと素性のよくなかったモーターらしく準優戦の整備でようやく手ごたえがあった感じも、回りと比べたら評価は少し低い。これは厳しい??
1号艇には岡部。「岡部って誰?」ってな感じでしたが、エンジンは超抜らしい~。地元でスタートもいけてるし、◎は岡部で間違いない。でもA2級で一般戦の優勝もなけりゃG1はこれが初めて。不安要素と言えばそういう精神面だけ。

ってなわけで、新聞やらBoatAdviserやらとにらめっこしながら遊びで予想。女流予想が岡部が◎となってたので、岡部の頭固定はなんか恐いなぁ~。岡部の頭を抑えで、応援としてユウユウから・・・ブツブツ。

レースはスタ展213/456の並びだけど、本番はやっぱり枠なり。
インを獲った岡部が途中エンスト!? すぐエンジンかかったけど、これは動揺してんじゃないのか??という不安も関係なく、トップスタートはこの岡部! しかもゼロ台。「岡部のイン逃げか!?」と思った。あのスタートなら逃げれるはず。誰もがそう思った。しかし、若干ターンが流れて2号艇中野の差しが届いて並走状態。「超抜機の岡部なら勝てるんじゃないの?」と思った1周2Mの岡部の渾身の差しも届かず、中野次郎がそのまま優勝
期待のユウユウは最下位スタート(とは言っても.17)でしたが、3コースから果敢に捲くり差しを狙うも、いいスタート切った2艇では差し場はなく、引き波はまって後退で4着でした。リベンジならずで新鋭卒業です。にしても関西勢は新鋭王座に縁がありません。


優勝した中野はこれで地元である平和島SG総理大臣杯に出場という栄光を掴んだわけですが、これで勝てば初優勝が記念というDramatic Kyoteiな岡部はチャンスを逃す形となりました。
超抜機で1号艇、予選・準優戦イン逃げ2連発、さらに地元、というこれ以上ない条件がそろった岡部。それでも勝てなかった岡部。もう自分のミス以外に有り得ない。それだけに悔しい。
もし1M握りすぎなかったら・・・
もっと自分に腕があれば・・・
地元なのに・・・
こんなチャンス二度とないかもしれないのに・・・
「たら・れば」をつければ限りがないし、湧き出てくるのは後悔の念ばかり。
いろんな思いが交錯してこの悔しさをどうしていいか分からず、ただ涙がでてくるだけで、そんな思いで岡部は泣いてのかもしれない。そうでないかもしれないけど、でも負けて悔しいとか情けないとか男なら誰でもその気持ちは分かる。
しかし、ここで勝ってもA2級選手がいきなりSGで通用するとは思えないので、逆にここで負けてよかったのかもしれない。この悔しさをバネに彼の成長を見守っていこう。これで這い上がってきたなら、これこそDramatic Kyoteiなのだから。
Sports@nifty競艇特集を読んでなんとなくシンミリした優勝戦でした。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
仏具・神具
仏具・神具を探すなら http://www.leslieshomes.com/215783/100822/
2008/09/18(木) 01:39:46 | URL | 名無し #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monkeyturn.blog20.fc2.com/tb.php/164-78fdf721
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。