モンキーターン! 競艇編
競艇・日々の出来事などを載せていきます。主に競艇ネタ?
競艇の魅力を知って頂こうと競艇入門記事も書き始めました。こちらもよろしく!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
平和島 SG総理大臣杯 準優戦
2007/03/20(火)
まずはレース回顧から。

10R 5号艇三島が動いて125/346の並び。
トップスタートは1号艇吉田。一人ゼロ台の.09スタートを決めてイン先マイ。2号艇魚ちゃんは、.20から強ツケマイ。それは届かんだろ( ゚д゚)ポカーン でもあの吉田のスタートなら差しても微妙な感じ。ツケマイもターンが流れ吉田のイン逃げ成功。
2着争いは壮絶。2Mでまた握った魚ちゃんは3号艇カマギにぶっ飛ばされて後退。もつれてる間に5号艇三島が浮上。2周1Mで魚ちゃんが先マイを狙うも三島に交わされ万事休す。やっぱり準優の黒魚は・・・・。

11R 6号艇安田が超微妙な動き。中途半端な5コーススロー。4号艇井口もなぜか4コーススローになってしまいました。こうなれば1号艇石川の逃げも濃厚。トップスタートを決めイン先マイ。しかし、珍しく2号艇濱野谷の2コース差しが決まり、そこからグングン伸び返し、トップのムテキング。
石川はこのまま2着に残るかと思われましたが、2周1Mで4号艇井口を行かして差そうとしたところへ後続艇と接触し3着に後退。正直、石川選手は普通に先マイできたであろう。一瞬の選択ミスがこういう結果に。。。
ムテキングが地元SGで見事優出!

12R 特に動きもなく枠なり。しかし、4号艇王者がチルトを跳ねての一発勝負に。ほぼ横一線から王者は伸びて来ず、難なくイン逃げを決めた1号艇植KING。2着は差してきた2号艇瓜生に。ようやく舟券が当たった・・・。
これで最近不調だった植木も好調を維持してSG優出。


次回、

植KING VS ムテキング憲吾
--KING of SG は誰だ!?--

がSG優勝戦で見れますね。



優勝戦

1.植KING 2.吉田 3.ムテキング 4.ウリ坊 5.井口 6.三嶋

進入予想:1236/45
6号艇三嶋が動くのは間違いない。濱野谷もスロー選択のコメント(ひまひまデータさん参照)。3コースも濱野谷も得意のコース。ガツガツした進入じゃなければ、この並びになるのでは?と。
総理大臣杯はSG初優勝が多いですが、今回SG優勝経験がないは吉田と瓜生と井口。しかし、SG優勝戦で2コースから勝つイメージが全くない。さらに瓜生は去年の賞金王で勝負弱さを見せ付けられたので。。。井口も6コースだと遠いし、足的に厳しい。
となると、ここは1号艇植木を本命で。気合の入ったムテキング憲吾の一発もありえますが、吉田も壁になりそうだし、それでもこの植木のモーターならスタート決まれば逃げてしまいそう。東京支部は5年ほどSG制覇がでてないらしんで、濱野谷にもがんばってほしいけども・・・。

3連単:1-34-346 

以上の4点で。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monkeyturn.blog20.fc2.com/tb.php/312-787030ce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。