モンキーターン! 競艇編
競艇・日々の出来事などを載せていきます。主に競艇ネタ?
競艇の魅力を知って頂こうと競艇入門記事も書き始めました。こちらもよろしく!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第6回 第1ターンマークの攻防
2005/09/12(月)
第6回です。
前回、コース取りについて書きましたが、自分で読み返してもやはり文字数多くて読みずらい! でも本当はまだまだ書き足りないことがあるんですよね^^; 選手道とか回りなおしとか。2回に分けて書いたらよかった・・・orz 
( ゚Д゚)マンドクセーな人・基本だけ抑えたい人はやはりここを見てください

分かりにくいところとか、分からないところがあれば質問受け付けます~。コメントして頂いたら結構です。テーマとずれててもいいです。それをテーマにまた記事書きますw

で、今回は第1ターンマークの攻防について。
コース取りをして緊張のスタートをしたら、各艇一斉に第1ターンマークに向かっていきます。この攻防が競艇の魅力の一つでもあります。競艇の1着は8割ここで勝負がつきます。2着3着は最後まで分からないことが多いですけど。
またおさらいです。競艇のレースは、

コース取り→スタート→1周1Mの攻防→・・・→3周してゴール

といった流れでレースの決着が付きます。
スタートした後、各艇一斉にターンマークを回ろうとします。6艇が密集するわけですから、選手の瞬時の判断・テクニックが要求されます。ここで1着が8割きまるので、このときの行動により決まり手が判定されます。

競艇の決まり手は以下のようのものがあります。
・逃げ
・差し
・捲くり
・ツケマイ
・捲くり差し
・抜き(1周2M以降で順位が入れ替わった時の決まり手)
・恵まれ(フライングなどがあった場合)

また文字で書きますが、絵の方が分かりやすいと思うので、こちらも参考にして下さい。画像貼り付けたいけど、肖像権とかどうなんでしょう?? 暇があれば自分で描いてみます。


***逃げ***
インコース(1コース)の選手が1マークで先手を取って最初にターンし、そのまま他を振り切ろうとする戦法。「イン逃げ」ともいいます。この戦法で1着になる率も高いです。

***差し***
先にターンしていった艇(「イン逃げ」や「まくり」の戦法をとっている艇)の内側と鋭く突き抜ける戦法。道中の攻防でもよく使われます。引き波を越えるので、それなりのテクニック・モーターパワーが必要です。

***捲くり***
2コースより外側の選手が、自分より内側のコースの選手を押さえ込む形で、ターンマークを先に回ってしまう戦法。スタートで先手を取った選手が使います。不利といわれるアウトから勝つわけですから、見てる側も選手もすっきりしますw

***ツケマイ***
競艇の必殺技です。「付けて回る」が変形して「ツケマイ」。「まくり」と同様に外側の選手が自分より内側の選手を押さえ込む戦法。ただ、「ツケマイ」は内側の選手にピッタリつけて、ターンのスピードやパワーで強引に押さえつけ外側から全速力でかわしていきます。全速力でしかも内の艇に付けて回るので高度なテクニックが要求されます。

***捲くり差し***
「まくり」のような動きでターンに入りながら、差すこと。捲くりに行って差すから「捲くり差し」。内側の艇の抵抗をさける場合や、「まくり」の選手がそろっているときによく使われる、非常に高度なテクニック。



以上で、決まり手の説明を終わります。
この1周1Mの展開を予想するのが競艇予想の一つです。「インが逃げられるのか」「誰が捲くりに行って、誰が差すのか」「捲くりにいけるモーターパワー・スタート力はあるのか」などなど。何通りか予想パターンが出来上がります。さらにこういう展開を考えるには進入コースも重要になるわけです。スタート行くか行かないかは選手の度胸を買うか買わないかですw

次回はモーターについて。
使用するモーター・ボートは各競艇場にあるものを選手が借りて使用します。どれを使うかは抽選です。どれも仕様は同じモーターなのですが、微妙に壊れていたりするので、当たり外れがあります。整備などは全部選手各自が行います。



***ちょっと聞きたいQ&A***

Q1.ツケマイはなぜ必殺技なの?
A1.外から外へ行って抜かすのは不思議のような気がしますが、アウトの選手でもターンスピードなどで少しでも前に出れば、その内の選手は引き波にはまり後退してきます。それだけ引き波っていのは大きいものなのです。カーレースがラインの殺し合いなら、競艇は引き波のはめ合いです。競艇では後続艇の前には先行している艇の引き波があるので、道中での追い抜きは珍しいです。

Q2.「巻くり差し」って「差し」とどう違うの?
A2.捲くり差しは、捲くりに行くことでインに選手にプレッシャーを与え、インが張って行って流れたところを差すものです。他人の捲くりに乗っかって、捲くり差す戦法もあります。
捲くりがなぜインのプレッシャーになるかというと、捲くりに来られるとインに対してツケマイ気味になるからです。インの選手は差されないようにターンマークを回ることも必要ですが、それ以上に引き波にはまることを嫌がります。その結果簡単に捲くらせまいと先に少々強引でも先にターンマークを回る選手もいます。その懐を差すのが「捲くり差し」です。
競艇場のよっては決まり手に「捲くり差し」がないところもあります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monkeyturn.blog20.fc2.com/tb.php/35-118827e8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。