モンキーターン! 競艇編
競艇・日々の出来事などを載せていきます。主に競艇ネタ?
競艇の魅力を知って頂こうと競艇入門記事も書き始めました。こちらもよろしく!
スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
第7回 モーター
2005/09/13(火)
第7回です。
レースで使用するモーターボートは各競艇場にあるものを選手が借りて使用します。どれを使うかは抽選です。どれも仕様は同じモーターなのですが、微妙に壊れていたりするので、当たり外れがあります。選手達は、レースの初日が始まる一日前に競艇場に来て、モーター・ボートの抽選を行います。これを前検日といいます。

モーターには当たり外れがあるため、悪いモーターは規定の範囲内で各選手が自分で整備をします。この整備力も競艇のおいてはテクニック・スタート力と同様に重要な要素です。
またモーターに取り付けるプロペラ(ペラ)は各選手が自分で所有しているものを使います。規定の範囲内ならプロペラを加工・調整することができます。これを持ちペラ制といいます。
今までレースの結果を決定付けるのものとして、

コース取り・スタート・1周1Mの捌き

などを説明してきましたが、これら全てに深く関わってくるのがモーターの良し悪しです。このモーターの良し悪しを足が良い足が悪いと呼びます。
モーターの良し悪しを表す要素として以下のものがあります

『伸び』・『出足』・『回り足』・『行き足』
『ピット離れ』・『乗りやすさ』

選手コメントは、モーター状態を把握する一つの物差しになるので、意味が分からないと舟券予想でも苦戦します。覚えておいて損はないです。


***伸び***
直線でのスピードを左右するのがこの「伸び」です。車でいえばトップギアに相当します。主に直線の争いで必要になり、伸びがいい場合は「伸びがいい」「ストレートがいい」などとコメントされます。
ボートにはスピードメーターなどは一斉ついていないので、舟権発売中などレースと関係ないときに各選手は試運転に出て、選手同士で足合わせを行って伸び具合を計ります。試運転を見るのも予想に役立ちます。

***出足***
加速のしやすさを左右するのがこの「出足」です。レバーを握ってからどのくらい早くモーター(エンジン)が反応してくれるかを表します。車でいえばローからセコンドギアあたりの回転域に相当します。出足がいい場合は、「出足がいい」、「握ってすぐについてくる」 などと表現されます。

***回り足***
ターン中の推進力をあらわすのがこの「回り足」です。「回り足」は、ターンの時にいかに遠心力に流されず、スムーズにコーナーをクリアできるかを表します。回り足がいい時は、「回り足がいい」「マイ足がいい」などと表現されます。

***行き足***
「行き足」は、スタートの時の加速状態を表します。行き足がいい場合は「行き足がいい」「スタートの足がいい」などと表現されます。
行き足がいいと、スタートの瞬間は同体(同じくらいの位置にいること)でも、スリットライン通過後にグイッとボートが前に出ていきます。結果的に、勝負処の1周1マークまでに有利なポジショニングが可能となり、レースの主導権を握るとともに勝率も高まります。
スタート展示の時はスリット付近(スタートライン)でどのくらい伸びるかを見て行き足を見るのも重要です。

***ピット離れ***
「ピット離れ」は、「ピット離れから小回りブイまで」の間の足を表す。ピット離れがいい場合は「ピット離れがいい」などと表現されます。
ピット離れがいいと、外枠でもピット離れでリードして有利なコースを狙っていくことができます。逆に悪いと好枠でも不利なコースへ押し出されることになります。ピット離れの良し悪しによって、コース取りも変わってきます。
スタート展示の時にピット離れを見ておきましょう。ただし、本番も同じようにいくとは限りません。

***乗りやすさ***
「乗りやすさ」は、ターンの時のボートの安定感を表します。乗りやすさがいい場合は、「乗りやすい」「全速で握っていける」などと表現されます。
特にスピード戦をモットーとする選手は、乗りやすさがないと艇が暴れて思い切ったターンをすることができません。そのため、どの足よりも乗りやすさを最重要視する選手もいます。



モーター整備での部品交換やプロペラ交換についての情報は、スタ展終了時に公開されます。しかし、これらの情報はあまり詳しくはありません。プロペラ交換は元に戻しただけなのか別のペラに付け替えたのか、部品交換も中古の部品なのか新品なのか、具体的にはわからないです。
ただ、毎回部品交換をしているとうことはそれだけ整備が必要なモーターであることが分かります。今まで予選道中の成績は悪かったけど、部品交換をした後の展示は良かった!ということで狙い目になることもあります。

以上で、モーターについての説明を終わります。
競艇の基本は大体こんなもんではないかと思います。次回は、すこしマニアックな話、勝負駆け舟券について(大事なことを忘れてました^^; 次は舟券についてです)。



***ちょっと聞きたいQ&A***

Q1.持ちペラ制って?
A1.持ちペラ制とは、プロペラを各選手が自分のプロペラを所有する制度です。レース場では5枚までプロペラを持ち込めます。
プロペラは1分間で6000~7000回転するので、1ミリ違えば全く素性が異なります。モーター同様、プロペラも重要な要素となります。また気温・湿度によっても回転が異なったりするので、環境に応じて選手は調整を行います。
良いプロペラを作ることがレースの良し悪しにも繋がるので、レース場以外でもプロペラ調整を行ったり、同支部の選手同士がグループ(これをペラグループといいます)を作ったり、仲の良い選手同士で情報を交換し合ったりします。

ちなみに今年の5月から持ちペラ制についての規制が変わりました(参考ページ)。今年の5月までは、削ったり伸ばしたり、かなり幅の広い加工ができました。この時は、モーターが少々悪くてもプロペラ調整でなんとかなるという感じだったので、時代に乗り遅れると急に勝てなくなったりするくらいペラの進化は凄まじく、選手はペラに関しては研究熱心でした。そうなるとレース場以外でもやるべき仕事が増え負担が大きくなったり、薄く削った分プロペラに巻き込まれた時の事故による怪我などが増えたので、加工する幅が狭くなる今の制度に変わりました。
現規制では、以前より出足がつかなくなったそうです。そのため外からのレースでも勝てるレースが増えたように思えます。あくまで個人的な印象ですが。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして
こんばんは
競艇の魅力のカテゴリーの記事を第一回より読ませていただきました。
競艇のきょの字も知らなかったのですが、かなり勉強になりました。
フライングスタートは知っていましたが、ボートを借りるっていう事には驚きでした。
競艇ってホント奥深そうですね。
2005/09/14(水) 03:25:28 | URL | edge #-[ 編集]
どうもです^^
>edgeさん
はじめまして~。
そう言っていただけると嬉しいです^^
これからもこのシリーズは続くので、よろしく御願いします(o_ _)o))ペコ また何か質問等あれば気軽に書き込んで下さい~
2005/09/14(水) 08:23:03 | URL | ヒーホー君 #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://monkeyturn.blog20.fc2.com/tb.php/37-509cf32b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。